ボトックス小顔効果を実感【小さく見せるための取り組み】

忙しい人でも安心

注射

顔に傷もつかない

ボトックスは顔に傷をつけないでできるため体への負担も少なく、初めての人でも気軽にできるのがいい点でしょう。美容整形というとどこかを切ったりするイメージが強いかもしれませんが、この場合はそういう心配もありません。小顔にしたい場合は人よって悩みもバラバラですが、エラが張り出すことで顔が横に広がって大きく見えてしまうというならボトックスが適しているかもしれません。この方法はボツリヌス菌によって筋肉の働きを抑え見た目の印象をかえていこうというものですので、エラの張り出しによる小顔整形にはちょうどいいでしょう。人によってはエラのあたりの筋肉が発達しすぎて張り出してしまう事もあり、それが顔を大きく見せてしまう事もあります。調べてみないとわかりませんが、もしもそのハリが筋肉によるものならボトックスをすることで改善できる可能性があります。ただエラの張り出しが骨など骨格によるものだとそれだけでは小顔になるのは難しくなってしまうかもしれません。筋肉でない場合は骨を削ったりして骨格を変える必要がありますので、しっかりと話し合い自分に適した方法を選択するといいでしょう。ボトックスの場合は注射だけで処置が終わるため顔に傷もできませんし、気になる部位だけをきちんと処置できるのが嬉しい点でしょう。また注入する量によってその後の状態なども違ってきますが、その辺は経験なども関係してくるため信頼のできるクリニック選びなども重要になってきそうです。人によっては副作用がでる場合もありますので、事前にカウンセリングなどを受け理解しておくようにしましょう。顔の大きさを気にする人も多いですが、エラの張り出しが原因ならボトックスの利用がとても効果的でしょう。注射一本で処置が済んでしまうため気軽に受けることができますし、見た目も傷が残らず安心してできるのかもしれません。顔の美容整形の場合は見た目がとても重要になってきますが、メスで切ったりするとその傷自体が気になってしまう事もあります。切開する多くの場合は顔の内側や見えない部分から切るようにしていますが、やはりその後の傷跡が心配な場合もあるため、そういった意味でボトックスが注目されているのかもしれません。美容整形を利用するにあたってできれば誰にも気づかれないで自然に変わりたいという人も多いのではないでしょうか。切開したりすれば入院をして仕事を休んだりしなければいけませんし、抜歯や消毒、また場合によってはしばらく腫れが続くこともあるでしょう。そうなるとやはり日常生活においてなんらかの支障がでてきますので、何かと面倒に感じることもあるのかもしれません。小顔になるために犠牲になるものが大きすぎるとやはり考えてしまうため、できれば自然な流れで済ませたいという場合も多いでしょう。その点ボトックスは麻酔も必要ありませんので入院もなく、短時間でさっと済ませることができるというメリットがあります。日常への影響を最小限で抑えることができるため、そういった意味でもたくさんの人に利用されているのかもしれません。またこのほかにも筋肉の働きを抑えるという点からふくらはぎ痩せなどにも活用されていますので、小顔と合わせて検討してみてもいいでしょう。

Back to Top